2014年6月20日金曜日

Electric Youth Debut Album "Innerworld"




やっと来た。3年待った。
9/30リリース予定。国内販売はともかくとして。
個々最近は映画Driveで話題になったA Real HeroやシングルカットのInnocenseなど、落ち着いた曲が多かったので、アップテンポな曲を期待したい。(何度でも言う)

iTunes(US)にあるけど、まだ試聴はできない。待ち遠しいです。

2014年5月28日水曜日

Bruce Foxton - My Imagination

最高にcoolなダンスポップだ!

(俺の中で)キラーっぽい。

元The Jamのベースだそうで。Paul Wellerと袂を分けてこんな素敵曲を。
さっそくCD買おうとしたら2001年のリマスターが6500円ぐらいのプレミアついてる。。oh...

2014年5月1日木曜日

Echo and The Bunnymen - Lovers On The Run

この曲は全盛期っぽい。

(adblock利かせてると見れないことがある、サイト直はこちら

Echo The Bunnymenの新アルバム”Meteorites”は5月26日発売。

2014年3月23日日曜日

Visage 来日@下北沢GARDEN

行ってきたので感想。

visage_jp

おおかたの予想通り、ニュー・アルバム「Heart and Knifes」の曲を前面に出しつつ、80's曲を間に挟む方式。

前半:
Never Enough
Pleasure Boy
Hidden Sign
Mind of Toy
Dreamer
Dammned Don't Cry
Diaries of a Madman

スティーブ休憩中:
The Dancer
Wispers

後半:
Fasion
The Anvil
Night Train
Fade to Gray

アンコール:
Visage

Twitter見てるとMoon Over Moscawやったとか書いてあった気がしたけど、あったっけ?

スティーブ・ストレンジはもう動きまくり振り付けバリバリで50過ぎとはまったく思えなかったです。すばらしい。
最前列にハイタッチしてたよ。しかも何度も!イメージに反してサービス精神がすごい。
映画Worried about the boy(ボーイ・ジョージ伝記映画)でのBlitzの王、ってイメージだったから驚いた。
当時はマジでふんぞり返ってたかもしれませんが。

MCは支離滅裂系で(隣の人いわくジョンライドン風味)、
「俺この曲クソ嫌い(fucking hate!)なんだけどさー、やるわー。Night Train!(客超盛り上がり)」みたいな。

30分ほとやって休憩。いったん幕上げ?と思ったらロビン・サイモンがインスト曲のThe Dancerをやりだして大盛り上がり。
Visageのファーストってミッジ・ユーロがプロデュースしていたと思うんですが、それをロビンがやると。
あとこの曲、サックスのサンプリングか何かだと思っていたパートが実はヴォコーダーで何か言っていたということも判明。

ヴォコーダーはキーボードやってたローガン・スカイ氏。たぶんいっちゃん若い。彼がしっかり当時音出してくれるお陰で最高のライブだったので、
私はスター2名とまったく同列の賞賛を送りたい。メンバー紹介のときなんかちょっと寂しそうな顔してたもんね。。。

正直、会場はゴスファッションのニューウェイブ大会にまみれるかなーと思ってて端に退避する気満々だったのですが、予想に反して普通服の方ばっかり。
これじゃ逆に気合入れてきた方のほうがガッカリだったのでは?高円寺は構成違ったかもしれないけどね。

最後、アンコールが拍手じゃなくて「Oh my visage」の合唱だったのがすばらしかった。
そして出てきてそれを演奏。できすぎじゃないか~。
さすがに続けて"Reflections!"とは入らず、そのまま終了。
終盤はサイン会もあったようです。

いやほんと、「Visage来日!」がそもそも非現実的すぎて、目の前にスティーブ・ストレンジが居たことがいまだに信じられない。
この成功からBlitz界隈のみなさんをがんがん日本に呼んでほしいんですが。

あと、実はこのライブ撮影OKだったらしくてめっちゃ悔しい。関係者だけだと思ってた。

ちなみに前座さん
その① (Akira Yamaokaさん在籍バンド) エレクトロ入ったビジュアルロックバンド。
その② ビジュアルロックバンド。あと、実はこのライブ撮影OKだったらしくてめっちゃ悔しい。関係者だけだと思ってた。

という感じでそのゴス勢のお客さんはとても楽しんでいたようでした。
ってか、このあたりからも、現代日本のニューウェイブシンセ"ポップ"の不在を再確認させられるあたり悲しい。
デカダンめなインディーバンドといったら日本だとすなわちVロックなので、Visageファン層のバンドとしては正しいと思いますが。
日本でシンセポップっていうと一気にシティーポップになっちゃうから、それよか。

高円寺組は何か前座3組2時間だったようで、おつかれさまでした。
掟ポルシェが居たそう。スティーブまんまのメイクした子と写真とってた。
そういう層がまだまだ居ることにうれしさを感じますわ

さいご、この奇跡的な来日を実現してくれたVinyl Japanさんに超感謝です。
新宿の店舗にチケット買いにいったらニューウェイブ音源がめちゃくちゃ充実しててビビりました。みんな行きましょう。

Vinyl Japan

4/6(日) Depeche Mode イベント"I Am Electro" - 紙ジャケBlueSpec2盤発売記念

IamElectro

年一ぐらいでデペナイトとかMuteナイトを開催している皆さんが、4/23発売予定の紙ジャケリイシュー盤を記念してイベントやるそうです。
この日仕事あるけどなんとか行くつもり。

それと海外では初期作の180g Vinylが出るっぽい。